非野球もの/「廃止」から一転「存続」の千葉競輪場 施設修繕費用の目途が立つ

 千葉市は5日、今年度末での「廃止」を検討していた千葉競輪場を来年度以降も「存続」させる方針を示しました。  千葉競輪場をめぐり千葉市はおととし1月、2018年度以降の単年度赤字が続く見通しがたったこと、老朽化の激しい施設の大規模修繕費用を賄えないことなどを理由に今年度末で「廃止」の方針を示しました。しかし、運営を受託している日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(33)

陽光と野球とビールでいやせないものは何もない。 ポール・エングルマン『死球(デッドボール)』  日本語に翻訳されて出版されている作品が少ないので一見マイナージャンルだが、野球ミステリーはアメリカではかなり多いと察する。だから本作のように主役の探偵が、野球とは距離を置いた人ではなく、元野球選手でしかもかなり野球を愛しているとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト・秋吉、まさかのセーブ失敗…真中監督「中日にいつもやられている」

 (セ・リーグ、中日3x-2ヤクルト、8回戦、中日5勝3敗、26日、ナゴヤD)ヤクルトの守護神、秋吉がまさかの逆転を許した。2-0の九回に登板して5球で2者を打ち取るまでは良かったが、そこから3者連続で外野手の隙間に落とされ同点。最後は藤井にサヨナラ打を浴びた。  中日戦は逆転本塁打を喫した13日以来のセーブ失敗となった。投手に不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非野球もの/魅力度国内最下位イバラキ、海外客の人気急上昇

 民間調査会社が毎年実施している都道府県の魅力度ランキングで4年連続最下位の茨城県が、アジアを中心に外国人旅行客の間で人気急上昇中だ。  2016年度の外国人ツアー件数は、14年度の6倍の年間約2000件。“絶景”と評される観光地を生かし、海外の旅行業者やメディアに「東京に近いイバラキ」を売り込む広報戦略が奏功している。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新オーナーに根岸氏=プロ野球・ヤクルト

 プロ野球ヤクルトは12日、堀澄也オーナー(82)が退任し、後任にヤクルト本社の根岸孝成社長(68)が就く人事を発表した。6月21日の臨時株主総会と取締役会で正式に決まる。  根岸氏は日大から1971年にヤクルト本社に入社し、2011年に社長に就任した。堀氏は球団の相談役名誉会長となる。 https://headlines.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<プロ野球>開幕からの入場者 セ・パとも増加

 プロ野球セ・パ両リーグは8日、今季開幕からホームとビジターの試合が一回りした第1クール終了時点(5月4日まで)の入場者数を発表した。セ85試合、パは80試合で、セは1試合平均3万1840人で前年同時期(4月28日まで)と比べて4.1%増、パは同2万6096人で同7.6%増だった。  地方開催や、大型連休がクール中に含まれたかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清宮人気で神宮前代未聞!高校野球で平日ナイター 東大左腕・宮台にもスカウト集結

 今秋ドラフトの“目玉”が、神宮をヒートアップさせている。16日、東京都高野連の発表に関係者が仰天した。23日午前10時開始予定だった春季東京都大会決勝が、27日午後6時に変更され、高校野球では異例の平日ナイターで開催されることになったからだ。15日に高校通算81号本塁打を放ったプロ注目のスラッガー、早実・清宮幸太郎内野手(3年)の人気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<選抜高校野球>大阪桐蔭が勝利 決勝は史上初の大阪対決

 第89回選抜高校野球大会第11日の30日は準決勝2試合。第2試合は、秀岳館(熊本)と大阪桐蔭(大阪)の対戦。両校エースが好投し投手戦となった試合は、大阪桐蔭が2-1で秀岳館に競り勝った。大阪桐蔭は84回大会以来5年ぶりの決勝進出。第1試合では履正社(大阪)が勝ち進んでおり、決勝戦はセンバツ史上初の大阪勢同士の対戦となった。  ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC終わって

 アメリカが本気を出しかけた以上そう簡単に日本が優勝はできないだろう、とは思っていたがやはり悔しいもの。せめて決勝で当たればもっと盛り上がっていたところだが。  二次ラウンドまで無敗で来たから相当行けると思わせたのだけど、まだアメリカに渡って本当に強いところと戦ってない、というところが気になってはいた。  それまでは東京ドー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非野球もの/「東京は田舎者の集まり」ではないという話

【食~北海道食べる通信~】豊頃男子の活躍  「東京なんて、田舎者の集まり」というのは、一昔前の話。というのも、「団塊ジュニア」が親の世代になり、東京生まれ東京育ちの人が増えた。田舎を持たない人たちが増え、近い将来、帰省ラッシュがなくなるかもしれない。 (後略) http://www.tokachi.co.jp/feat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川口運動公園野球場内・外野フェンスへの広告の募集について

 土浦市では,現在改修工事中の川口運動公園野球場の内・外野フェンスへの広告を募集します。  これまで,外野のフェンスに広告を掲載していましたが,平成29年度から外野フェンスに加え,1・3塁側内野フェンスへの広告も募集します。  ぜひご検討ください。 ■募集期間    平成29年4月3日(火)から4月28日(金)ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(32)

いろいろなことが変わってしまったのに、野球だけは道具もユニフォームもルールも、何一つ変わっていない。少しでも球を遠くへ飛ばし、一つでも先の塁に進んで本塁を踏もうとする。終わりのない運命を背負わされた彼らは、どこへも逃げ出せないまま、甲子園に閉じ込められている。 小川洋子『再試合』 『博士の愛した数式』の作者による短編集から。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島インディゴソックス 初の黒字化

 野球独立リーグの四国アイランドリーグplus(IL)と4球団は20日、高松市内のホテルで2016年の収支などについて会見し、徳島インディゴソックスは40万円の黒字となったことを報告した。徳島の黒字は05年のリーグ発足以来初めて。愛媛、高知の両球団も同様に黒字を確保したが、香川と運営会社は赤字で、リーグ全体では1800万円の赤字だった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新野球場建設充実の施設に 岩手知事

 盛岡新市営球場建設は県レベルの事業であり、東芝の経営再建ともリンクしているという話。  達増拓也岩手県知事は16日の定例記者会見で、盛岡市が県内最大級となる2万人収容の新野球場を県と共同で建設する方針を打ち出したことに関し「単独整備ではできないような充実した施設にする。収容人数などの仕様を市と共に検討したい」と述べた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球BCリーグ・Gブレーブス、小山を活動拠点に 市は歓迎、球場整備へ

 野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、小山市をホームタウンとし活動の拠点にすると発表した。  今季、同リーグに新規参入する栃木GBは、主催するホーム戦36試合を県央、県南地区の5球場で開催する方向で申請。同時に優先的に使用可能な練習場所を確保するため、県南地区を中心とした複数の自治体と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名護市営球場来月から解体 25日に感謝セレモニー

 【名護】県内のプロ野球キャンプの先駆けとして日本ハムファイターズが使用してきた築30年余の名護市営球場が老朽化に伴う新球場建設のため、今月下旬まで行われる同球団の春季キャンプ後に取り壊される。春季キャンプの原点となった現球場の最後の姿を見送ろうと、25日には日本ハムファイターズ名護協力会などが実行委員となる「ありがとう!名護市営球場セ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県内最大級2万人収容 盛岡市の新球場、市基本構想

 盛岡市が同市永井の盛岡南公園に整備する新野球場を県内最大級の収容人数2万人とする基本構想が5日、判明した。県との共同整備を想定。両翼100メートル、内外野人工芝の県内初の「プロ野球1軍戦規格」球場で、2023年度の使用開始を目指す。市は当初、2軍戦の開催が可能な1万人規模の球場を単独で整備する方針だったが、県との共同事業でより高規格化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新外人ブキャナン、ヤクルトに感激 「1リットルで売って欲しい」

 ヤクルトの新外国人3選手が那覇市内で入団記者会見を行った。米国時代からヨガに取り組むなど健康オタクという先発候補のブキャナンは、親会社の販売する乳酸菌飲料に感激の様子。会見中にも一気飲みし「こんなに健康に良くておいしい飲料は米国になかった。1リットルで売ってほしい」と目を輝かせた。  抑え候補のギルメット、4番候補のグリーンも既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オロナミンC球場ネーミングライツ募集

徳島県鳴門総合運動公園におけるネーミング・ライツ制度パートナー企業の募集について  このたび徳島県では、現パートナー企業との契約期間が満了することから、次のとおり徳島県鳴門総合運動公園(所在地:鳴門市撫養町)において、3期目のネーミング・ライツ制度(施設命名権の売却)のパートナー企業を募集します。 1 募集対象施設 徳島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【巨人】ファーム準本拠に町田の小野路球場

 巨人と東京・町田市(石阪丈一市長)は24日、同市の小野路球場など同市施設の利用や、スポーツ振興事業等に関する協力について覚書を交わした。期間は1年間。小野路球場については、2023年にファーム専用球場が完成するまで、主に3軍が練習や試合で使用する。巨人は野球教室開催など地域貢献活動を行う。  巨人は2023年春に東京・稲城市にフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「10.19を中心に川崎球場の歴史を振り返る」イベント開催のお知らせ

富士通スタジアム川崎 presents 「10.19を中心に川崎球場の歴史を振り返る」イベント開催のお知らせ アメリカンフットボールを中心とした様々なスポーツやイベントの会場として多くの市民に親しまれている「富士通スタジアム川崎」は、かつて「川崎球場」として1952年から1992年までプロ野球チームの本拠地として約2,500もの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮原球場、改修方針決まる?

宮原運動公園を再整備 宇都宮市がスポーツ施設計画案 プール2カ所解体へ 北西部に体育館と運動広場 [2017/1/17 栃木版]  宇都宮市は、このほど市役所で行われた28年度第1回市スポーツ推進審議会において、第2次市スポーツ施設整備計画の素案を明らかにした。同案では、市内各体育施設の今後の整備スケジュールのほか、主要な施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(31)

「だから、下半身をしっかり使って投げれば生きた球が投げられる。生きた球って奴は、そう簡単には打たれないんだ」  赤木は持前の野球理論を展開していた。ところが金剛は、けげんな顔をして、「やっぱりバッターは、生きた球だとバットで叩くのは、かわいそうだと思うんですがねえ…」 星こうすけ『鏡の星のベースボール』 『野球の国のア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新球場名は「メットライフドーム」=プロ野球・西武

 プロ野球西武は16日、本拠地の西武プリンスドームの名称を3月1日から「メットライフドーム」に変更すると発表した。  2015年3月に始まったプリンスホテルとのネーミングライツ(命名権)の契約満了に伴い、新たに米国系のメットライフ生命保険(東京都墨田区)と5年契約を結んだ。 http://headlines.yahoo.co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“欽ちゃん球団マドンナ”片岡安祐美 元プロ野球選手と真剣交際

 タレントの萩本欽一(75)が創設したクラブ野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」のマドンナで、選手兼任監督を務める片岡安祐美(30)が、プロ野球DeNAでプレーした元投手で、現在はラーメン店店主の小林公太さん(25)と真剣交際していることが7日、分かった。2015年夏に共通の知人を通じて知り合い、交際に発展。片岡は野球の合間を縫って小林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/なぜ近畿では独立リーグが根付かないのか

 旧知の方から来た今年の年賀状にそうあったので、来年の年賀状ついでに考察してみたい。  言い尽くされているのが「関西には阪神があるから」という常套句だが、これは断片的な見方だと思う。  世の中には複数チームの平行ファンはザラにいるし、それどころか他競技との平行ファンもザラにいる。経済的な事情で1チームにしか注力できないという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(30)

 ――ああ、兵頭君。わたしが投げて、あなたが受ける。それが、この回で終わるのなら、――わたしたちの夏がこの回で終わるのなら、約束するよ。わたしは今までの時を賭けて投げる。魂を込めて、――投げるよ。 北村薫『野球の国のアリス』  少年野球チームでエースとして活躍するアリスは、同じクラスの安西君に好意を抱いているが安西君は野球に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト、メジャー30勝右腕オーレンドルフ獲得へ

 ヤクルトが、新外国人としてレッズのロス・オーレンドルフ投手(34)を獲得することが決定的であると22日、分かった。  巨人、中日は中継ぎとしてリストアップしていたが、球団は計算できる先発の1人として、マークを続けていた。メジャー通算30勝のオーレンドルフは近年は中継ぎが主戦場も、09年にパイレーツの先発で11勝。193センチの長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野市、ゴールデンブレーブスの試合誘致へ 球場のナイター設備改修

 市は、プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」に、来年から参入する県民球団「栃木ゴールデンブレーブス(GB)」の試合誘致に向け、赤見町の市運動公園野球場のナイター設備の一部を改修することを決めた。  同リーグは、新潟や群馬、長野、福島など8チームが所属。今年、栃木GBと、滋賀県の滋賀ユナイテッドの加盟が承認され、来年4月から1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(29)

 おばちゃん達にとって、嫉妬こそ何にも勝るエネルギーであり、嫉妬と中傷を取り除いてしまったら、食って寝るだけの古い女に降格してしまう程の重要な要素である。嫉妬があるから、中傷ができるからこそ、戦後の荒波とも戦えている。誰もそんなふうには思わなかったけれども、それは事実といっても過言ではないだろう。 阿久悠『瀬戸内少年野球団』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more