前巨人の村田が栃木入団=BCリーグ

 野球の独立リーグ、BCリーグの栃木は5日、昨季限りで巨人を自由契約となった村田修一内野手(37)の入団を発表した。背番号は横浜(現DeNA)、巨人でもつけた25に決まった。9日に入団会見を行う予定。  村田は横浜時代の07、08年に本塁打王に輝き、フリーエージェント権を行使して12年に巨人へ移籍。リーグ3連覇にも貢献した。昨季は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燕もデータ新兵器「トラックマン」導入!米では全30球団が使用

 ヤクルトが、神宮球場に高性能弾道測定器「トラックマン」を導入する方針であることが5日、分かった。投球の速度や回転数、打球の角度や飛距離まで計測可能な“新兵器”を選手のパフォーマンス向上に有効活用する。また、球団はこの日、東京・北青山の事務所で仕事始めを迎えた。  本拠地・神宮球場に最新鋭機器が導入される。ヤクルトの球団首脳が「現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(37)

「観客だ?観客が決めるんじゃねえ。オレが決めるんだ」 川上健一『ラストボール伝説』  弱小球団札幌ベアーズに名将と言われるベテラン監督が就任した。  …というありがちなシチュエーションにはじまる物語なので、その監督がチームを強くする成功譚なのだろうと思われそうだが、実際そうなのだけど、その過程はすっとばされていきなり枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト内から同情論「小川が一番の被害者」

 ヤクルトの小川泰弘投手(27)が18日、都内の球団事務所で契約更改を行い、200万円増の年俸9000万円(金額は推定)でサインした。  今季は開幕を先発で迎えたが、5月下旬に左内腹斜筋の肉離れで離脱し、復帰後はチーム事情により中継ぎに配置転換。守護神としてデビューした7月7日の広島戦(神宮)では9回に5点差をひっくり返されるメッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(36)

「キーホルダー、猫っぽいやつか」 「猫っつーか、これを猫と呼ぶなら全世界の猫に謝れっていうかんじの」 須賀しのぶ『ピンチランナー』  三篇からなる短編集で、主役の立場や時代や物語のトーンはバラバラだがどれも秀逸。上記の作品はチーム一のスラッガーが、自分の打席専門の代走屋を作ろうとするのだけど、方便を駆使して本人を乗せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子プロ野球に外国人選手が

 今年は新人多く獲ったな、という印象。女子スポーツは引退が早い(身体的な問題だけではなく色々ある)ので、そこは常に加味していかないといけない。「育成チーム」に2年も置いておくのは長すぎるし、シーズン中でも門戸は開けて、人材は回していくべきではないか。 http://www.jwbl2016.info/rookie2018  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TBSラジオ、プロ野球中継から撤退 66年の歴史に幕

 TBSラジオは29日、プロ野球中継から撤退すると発表した。今年が最後となり、1952年の開始以来66年にわたる歴史に幕を閉じる。  土日にデーゲームが増えたため、2010年からは平日のみナイター中継をしていた。同じ試合を複数の局が中継することもあり、多様なニーズに応えるため撤退を決めたという。  入江清彦社長はこの日の定例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ヤクルト】守護神ルーキが退団 シーズン最終盤に球団側と衝突

 ヤクルトの守護神、ジョシュ・ルーキ投手(32)が今季限りで退団することが28日、決定的となった。来日2年目の今季は8月から抑えに配置転換され、61試合で4勝6敗7セーブ、防御率2・97。2年連続で60試合以上に登板し、リリーフ陣を支えたが、シーズン最終盤に契約面で球団側と衝突したとみられる。  右腕は10月2日の全体練習を無断欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表・野球ものベストナイン 2017

 野球的には非常に不快な1年だった。ヤクルトの記録的な(て言うか記録だが)弱さは、一体チームに何があったのか外部タスクチームを入れて調査しなければいけないレベルだと思うが、まだプロ野球に関わる企業には「たかがスポーツ」という意識がある。  茨城アストロプラネッツのBCリーグ参入が、もう1球団が名乗りを上げてこないため後ろ倒しになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ヤクルト】衣笠球団社長、バレと残留交渉「歩み寄り」順調

 ヤクルトが21日、ウラディミール・バレンティン外野手(33)との残留交渉が順調であることを明らかにした。  都内の球団事務所で、衣笠球団社長は「(金額面で双方の)歩み寄りは進んでいる」と明言。守備、走塁面などでのマイナスがあることは認めた上で、「30本以上打てるのは大きいし、ホームラン打者としての魅力がある。新しい外国人選手を連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(35)

 すまんなんて思うとったらあかん。監督の温情で出してもろうとるなんて顔もあかん。ワシのが上や。なんぼ打たんでもあんたらよりワシのが上や。だからスタメンなんや。悔しかったら30打席連続ノーヒットやってみい。並みの選手ならとっくに替えられとるで。 谷山由紀『コンビネーション』  一人のルーキーの人物像を周囲の人たちの視点から描い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト、一部区画でビジユニ取り締まり決めたワケ

<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>  ついに球団が「ビジユニ」の取り締まりに乗り出した。  ヤクルトが1日、来季の「明治神宮野球場におけるプロ野球観戦ルール」追加・変更のお知らせを発表した。  観戦ルールの見直しとして、18年シーズンより一塁側B・B2指定席はスワローズ応援専用席と設定。一塁側のブルペンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球場など改修に180億円=プロ野球・西武

 西武は15日、本拠地メットライフドーム(埼玉県所沢市)と周辺施設の改修案を発表した。来年が所沢に本拠を置いて40年の節目となることもあり、2021年春の完成を目指し、180億円規模を投じる。  主な改修は観客席を全面改修するほか、バックネット裏のVIPラウンジの新設などで、老朽化が進んでいた室内練習場、寮の建て替えも含まれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/ドラフト雑感風な

 まず巨人の捕手4人指名に驚いた。小林が可哀そうに思えた。嫌がらせとしか思えないレベル。あまり不自然に偏ったドラフトは何らか弊害が出るんじゃないか。  ヤクルトは例のごとく清宮に入札して外したが、やはりこういう特に入団前から華のある選手はヤクルトみたいなヤル気のない球団には当たらず、日ハムみたいに常にリスクを取ってチームを変えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト・宮本ヘッド、燕再建へ所信表明!「球団全体で一致団結」

 燕再建への“所信表明”だ! ヤクルトの来季1軍ヘッドコーチ就任が決まった球団OBの宮本慎也氏(46)が7日、宮城・気仙沼市内の小学校で開かれた野球教室に参加した。就任決定後、初めてとなる公の場で、来季に向けた指導方針などに言及。2014年以来、3年ぶりの最下位と低迷した古巣を蘇らせるため、「一致団結」を強調した。  強い決意を口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燕来季監督に小川SD再登板!組閣も着々、OB宮本氏をHCで招へいへ

 ヤクルトの来季監督に前監督の小川淳司シニアディレクター(SD、60)が復帰することが25日、決定的になった。シーズン終了後に発表される。今季のチームは不振が続き、3年ぶりの最下位が確定。8月22日に真中満監督(46)が今季限りでの辞任を表明していた。また球団は、OBの宮本慎也氏(46)に対して今後、ヘッドコーチ就任の正式な打診をする見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非野球もの/千葉“新しい競輪”で存続 ドーム型250mバンク

 千葉市は13日、千葉競輪場で記者会見を行い、競輪事業の存続を発表した。今後は、新設される周長250メートルのドーム型バンクで、国際ルールに準拠した“新しい競輪”が実施される。  同市は2015年1月、車券売り上げの長期低落傾向に歯止めがかからず、17年度末で廃止の方針を表明。その後、運営を受託する日本写真判定が、施設整備費用を負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト新監督に小川SD急浮上、立て直しに適任

 ヤクルトの次期監督候補に小川淳司シニアデイレクター(SD、60)が浮上していることが20日、分かった。高津2軍監督の昇格も有力視されているが、10年途中から1軍監督代行を務め、11年から4年間監督を務めた小川SDの再登板の可能性も出てきた。  チーム再建に経験値のある小川SDが候補に浮上した。10年に高田監督が5月終盤に辞任。後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(34)

 昂りながら、田武公一が開いたメモには、投手を除く一番から八番までのオーダーが書いてあったのであるが、それは、(1)風見鶏、(2)電脳型人間、(3)名人、(4)神様、(5)怪物、(6)正体不明、(7)未完の大器、(8)一芸、というものであった。 阿久悠『球臣蔵』  あの名作詞家が書いた野球小説。『瀬戸内少年野球団』に比べると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花咲徳栄が優勝 埼玉県勢として初

 第99回全国高校野球選手権大会は最終日の23日、阪神甲子園球場で決勝を行い、3年連続5回目出場の花咲徳栄(埼玉)が3年ぶり22回目出場の広陵(広島)を14-4で降し、春夏通じて初優勝を飾った。  花咲徳栄は全6試合2桁安打となる16安打を放ち、継投で広陵の追い上げをかわした。関東勢は夏の選手権で3連覇。広陵は1大会個人最多本塁打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト・真中監督「来季預かったところで正直、勝つ自信がない」 今季限りでの退任表明

 ヤクルトの真中満監督(46)が22日、神宮球場での阪神戦の試合前に、成績不振を理由に今季限りで辞任すると表明した。3年契約の最終年の今季は最下位に低迷しており「この結果だから仕方がない。ファンにこれ以上、迷惑は掛けられない」と語った。  20日に今シーズンの負け越しが決まり、21日に球団から来季の続投を要請されたが固辞した。「来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真中監督「今後に期待して」小川の先発再転向を明言

 ヤクルトの真中満監督(46)が15日、小川泰弘投手(27)の先発再転向を明言した。  この日、神宮こぶし球場で全体練習を実施。小川について「先発に戻します。後ろにしたより、今回戻した方が勇気がいる。そこにしがみついても仕方がない。チーム事情で少しややこしくなるが、中継ぎの経験が生きる。今後に期待して戻します」と話した。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト・高橋、1回無失点 谷繁氏「起爆剤としても面白い」

 イースタン選抜の6番手として登板したヤクルトの2年目・高橋奎二が、1回を無失点に抑えた。  “左のライアン”の異名を持つ高橋は、この回先頭の桒原樹(広島)を一ゴロに仕留めると、続く宗佑磨(オリックス)を二ゴロ、最後はメヒア(広島)を高めのストレートで空振り三振に斬って取った。  同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト根岸新オーナー「まだ半分」人事質問は一蹴

 ヤクルトの根岸孝成オーナー(68)が12日、都内のホテルで行われたオーナー会議に初めて出席した。6月に就任したばかりで、新オーナーとしてあいさつなどを行った。会議後には報道陣に囲まれて対応。現在チームは最下位に沈むが「ふがいない内容でみなさんにもご心配かけていると思いますけど、ちょうど今日終わって明日からオールスターの休養の期間に入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借金20に猛抗議 いよいよ始まる燕ファンの真中監督降ろし

 衝撃的な敗戦にベンチの真中監督は呆然と立ち尽くすしかなかった。  7日の広島戦。8―3と大量5点リードで九回を迎えた。チームは5連敗中。マウンドには、新守護神に任命したばかりの小川を送った。石橋を叩いて渡るような采配がしかし、裏目に出た。  先頭のバティスタに一発を浴びると、1死後に菊池にもソロ本塁打を被弾。2死から松山に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非野球もの/「廃止」から一転「存続」の千葉競輪場 施設修繕費用の目途が立つ

 千葉市は5日、今年度末での「廃止」を検討していた千葉競輪場を来年度以降も「存続」させる方針を示しました。  千葉競輪場をめぐり千葉市はおととし1月、2018年度以降の単年度赤字が続く見通しがたったこと、老朽化の激しい施設の大規模修繕費用を賄えないことなどを理由に今年度末で「廃止」の方針を示しました。しかし、運営を受託している日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/野球ものの名文・名セリフ(33)

陽光と野球とビールでいやせないものは何もない。 ポール・エングルマン『死球(デッドボール)』  日本語に翻訳されて出版されている作品が少ないので一見マイナージャンルだが、野球ミステリーはアメリカではかなり多いと察する。だから本作のように主役の探偵が、野球とは距離を置いた人ではなく、元野球選手でしかもかなり野球を愛しているとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト・秋吉、まさかのセーブ失敗…真中監督「中日にいつもやられている」

 (セ・リーグ、中日3x-2ヤクルト、8回戦、中日5勝3敗、26日、ナゴヤD)ヤクルトの守護神、秋吉がまさかの逆転を許した。2-0の九回に登板して5球で2者を打ち取るまでは良かったが、そこから3者連続で外野手の隙間に落とされ同点。最後は藤井にサヨナラ打を浴びた。  中日戦は逆転本塁打を喫した13日以来のセーブ失敗となった。投手に不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非野球もの/魅力度国内最下位イバラキ、海外客の人気急上昇

 民間調査会社が毎年実施している都道府県の魅力度ランキングで4年連続最下位の茨城県が、アジアを中心に外国人旅行客の間で人気急上昇中だ。  2016年度の外国人ツアー件数は、14年度の6倍の年間約2000件。“絶景”と評される観光地を生かし、海外の旅行業者やメディアに「東京に近いイバラキ」を売り込む広報戦略が奏功している。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新オーナーに根岸氏=プロ野球・ヤクルト

 プロ野球ヤクルトは12日、堀澄也オーナー(82)が退任し、後任にヤクルト本社の根岸孝成社長(68)が就く人事を発表した。6月21日の臨時株主総会と取締役会で正式に決まる。  根岸氏は日大から1971年にヤクルト本社に入社し、2011年に社長に就任した。堀氏は球団の相談役名誉会長となる。 https://headlines.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more