中国プロ野球がいよいよ8月15日に開幕するらしい

 5月という話が随分後ろ倒しになった。 2019年の中国プロ野球リーグは8月15日に始まります。 2019-07-12 08:39 Huaao Starry Sky  7月12日、北京のフアオスター(レポーターLiu Xiangqian)レポーターは本日、8月15日に予定されている2019年の中国のプロ野球リーグが開幕…
コメント:0

続きを読むread more

神奈川県民球団の本加盟決定について

 準加盟から1年未満で。素早い決定だった。 リリース発行企業:株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング ルートインBCリーグでは、本日6月27日(木)に行われましたルートインBCリーグ代表者会議において、神奈川県民球団の本加盟を承認し、2020年のリーグ戦から参入することが決定しましたのでお知らせ致します。 本加…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中国プロ野球発足の話題がメジャーなサイトでも取り上げられたという話

 中国では主要そうなスポーツ情報サイトでも中国プロ野球のニュースが掲載された。いよいよマジな話らしい。 プロ意識の探求 中国プロ野球連盟が今年スタート 2019-06-18 10:32 Huaao Starry Sky 数日前、中国のプロ野球リーグのための準備作業会議が北京で発表され、そして新しい中国のプロ野球リーグが今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国プロ野球が動き出しているらしい話

 中国野球協会のサイトで、プロリーグの運営やビジョンについて各方面のトップが話し合ったというニュースが。協会のサイトで「プロ」の話題が扱われたのは初なのではないか。以下例によって自動翻訳した記事を若干手直しして。 結束する 本物のプロ野球リーグのためにみんなで協力する 北京時間6月11日、中国野球プロリーグの準備作業会議がS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/中国プロ野球は7月開幕?

 中国プロ野球に言及している最新の記事(6/1付け)を見つけたのだが、自動翻訳でなんとか頑張って読んでみると開幕が5月とか、6チームづつの二部リーグ体制とかいう話と違ってきている。  見出しの「戻った」というのは拙速に開幕するのを止め、総合的な見直しを図り…みたいな意味なのだろうか。 中国野球連盟は7月にその運用プロジェクト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田スタジアムリニューアルオープンイベントを開催します

 だそうです。 大田スタジアムのリニューアルオープンを記念して、令和元年6月29・30日にスタジアムの人工芝の上でスポーツ、ミュージック、アトラクションなどいろいろなイベントを開催します。 大田スタジアムフェス 6月29日(土)10:00~17:00 内外野を使ってステージエリア・スポーツエリア・アウトドアエリア・フード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの野球ブンデスリーガを観た

 ドイツには野球にもブンデスリーガがある。つまりこれがドイツ野球のトップリーグという事になる。一番野球から遠そうな国にもセミプロみたいなリーグがあるのだからやっぱりヨーロッパはスポーツの根付き方が違うと思った。  ブッフビンダー・レギオネーレというチームがホームゲームを配信している。相手はザールルイ・ホーネッツというチームで、wi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト ついに10連敗&5位転落 96敗した17年以来の2桁大型連敗

「ヤクルト3-10中日」(25日、神宮球場)  ヤクルトが17年以来2季ぶりの10連敗を喫し、中日と入れ替わって5位に転落した。  先発石川が初回にビシエドに先制適時打を打たれる嫌な立ち上がり。直後の攻撃で青木の7号ソロで同点に追いついたが、三回に再びリードを許す。ここでもすぐに山田哲が同点10号ソロを打ち食い下がったが、四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/中国プロ野球は2部リーグ体制らしい

 中国の野球情報サイトによると、韓国のロッテでプレーする選手が中国プロ野球の北京と契約するらしいのだが、そのニュースの中で中国プロ野球が6チームと6チームの2部リーグ制を取るらしい事が述べられている。以下自動翻訳した記事に若干手直しを加えて。 ロッテ出身左投手イ・ミョンウが正式に中国のプロ野球リーグにデビュー 中国は人口14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦安市運動公園野球場にはじめて行った

 新しい浦安市運動公園野球場に行こうと思いつつ、浦安ならいつでも行けるし、幅広いカテゴリで使われる球場という事で後回しになっていたが、平成最後の野球観戦を初訪問の野球場で締めようという事で行った。  春季高校野球千葉大会の四街道10-6昭和学院。7-2から五回表に昭和学院が1点差まで追い上げたのだが、ここで逆転できなかったのはキツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/「中国プロ野球」のソースを追ってみた

 2月の終わり頃に一部野球ファンが盛り上がった「いよいよ中国にプロ野球」の話は、中国野球情報を発信する以下のツイッターが根拠だった。 https://twitter.com/chnbangqiu 中国棒球協会は公式wechatで今シーズンの大会予定を発表。 これまで協会主催の最高大会として年1回行われてきた、年齢制限な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみ合わなかった歯車 習志野、千葉勢初の優勝ならず

 これが決勝の重圧か――。これまで粘りの野球で勝ち上がってきた習志野だが、主将の竹縄俊希(3年)は、「決勝でいつもと違う雰囲気があった」。  一回に3点を先制されたのは、準々決勝も準決勝も同じ。「諦めず、少ないヒットでも点を取る工夫をする」。試合前に話した展開に持ち込みたかったが、歯車がかみ合わない。  一回。竹縄自身の投前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球場とラグビー場入れ替え建設へ 東京・明治神宮外苑地区の再開発

 2020年東京五輪・パラリンピックを契機とした東京・明治神宮外苑地区の再開発で、明治神宮、日本スポーツ振興センター(JSC)、三井不動産、伊藤忠商事の4者が神宮球場と秩父宮ラグビー場を入れ替えて建設することで基本協定を結んだことが28日、関係者への取材で分かった。21年から神宮第二球場を解体し、新たな秩父宮はその跡地に22年から建設を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/日ハム・大社啓二オーナー代行が札幌での歴史を振り返っている

球団の所有価値を変えねば/大社啓二氏1 (前略) かつての本拠地だった東京ドームが開場した1988年(昭63)に250万人だった観客動員数が、平成に入ると徐々に減少していった。99年には150万人を割った。当時本社の社長で球団取締役でもあった大社は、広告宣伝をうたい文句に赤字を補填(ほてん)してきた時代の終焉(しゅうえん)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川端友紀選手 現役引退のお知らせ

いつも埼玉アストライアに温かいご声援をいただきありがとうございます。 日本女子プロ野球リーグ埼玉アストライアでは、当球団所属の川端友紀選手が現役を引退し、チームを退団する事となりましたのでお知らせいたします。 シーズン終了後に引退の申し出があり、球団として話し合いを続けてまいりましたが本日受理したものです。 川端友紀選手は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表・野球ものベストナイン 2018

 今年腹が立ったのは、「静岡県民球団」のBCリーグ参入失敗だろうか。あと『サンデーライオンズ』の劣化や文化放送のCS中継放棄など、ラジオの無能化。極めつけは直接関係ないがカルロス・ゴーンだ。奴に切られた人達が浮かばれない。当然、野球部を切る必要があったのかよという話になる。  良かった事は、埼玉西武の優勝と東京ヤクルトの2位躍進だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉市長、ロッテ新球場構想「建て替えありきで検討してない」ツイッターで再度説明

 千葉市の熊谷俊人市長が29日、ツイッターを更新し、新球場構想について「建て替えありきで検討しているわけではありません」と、改めて真意を説明した。  熊谷市長は29日に行われた千葉県の財界で組織する「かもめ会」であいさつ。その際に、ZOZOマリンの大規模改修では予定の50億円を大幅に超える70~80億円かかることを明かし「(そうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/ドラフト雑感ノリの話

 今をときめく金足農の吉田投手にどこも1位入札しなかった事が意外と言われていたが、意外な気もするし、そうかもな、という気もする。後者の立場で言うと、甲子園での酷使が致命的に影響しているのではないかという危惧があるのだと思う。「巨人が好き」発言は、その程度の事で怯むほど他球団も甘くはないが、ファンは若干しらけたかもしれない。  ヤク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/宮本監督にバトンタッチするのは今ではないかと思う話

 東京ヤクルトの小川監督は割と早い時期に来季の続投を決めた。契約がそうなっているので別に不思議はないのだが、次の監督が宮本であるのが既定路線と言われている以上、宮本へのバトンタッチを一年前倒ししても良いのでは?という話。  球団首脳から公に「次の監督は宮本」という話を見聞きした事はないのだが、そう考えているだろうし、ファンもそう思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト終戦

 お疲れ様。  2位というのは今のヤクルトとしては出来すぎの結果であり、それ自体にまったく不満はないが、対広島6勝19敗は考えもの。おまけに最後は菅野にノーヒットノーラン。苦手が相変わらず苦手であり、チームの何か本質的なところはあまり変わっていないのだと思い知らされる。  ファンは何かと去年の「96敗」と比べ、大体の事には寛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト・小川監督「狙いはそこじゃなく2位」CS出場決定も油断なし

 「ヤクルト8-5巨人」(1日、神宮球場)  ヤクルトが3本塁打の一発攻勢で快勝。優勝した15年以来3年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。  二回に大引の2ランで先制。四回は大引の2打席連発となるソロと坂口の適時打で加点。五回は雄平の3ランで突き放し、4点リードの八回は代打・川端の適時打でダメ押しした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辻監督「選手たちの気持ち伝わった」8度宙を舞う

<日本ハム4-1西武>◇30日◇札幌ドーム 西武辻初彦監督が、試合後に選手たちと臨んだ共同記者会見で「ほっとしてます」と心境を語った。 8度宙を舞った瞬間は「喜びと、私を胴上げしてくれる選手たちの気持ちが伝わってきた。ここまでみんなが頑張ってくれて、うれしい気持ち」と言った。 優勝の要因は「数字を見れば打線大爆発。個々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非野球もの/伊豆ベロドロームに

 はじめて行った。  国内のトラック競技選手権という事で、無料シャトルバスも運行と気合が入っていたので、良い機会と思って。  競輪学校もある伊豆が自転車トラック競技の本場であるという事はわかるが、だからその地でオリンピックというのはやっぱり情緒的すぎる考えに思えた。千葉競輪場のドーム化建て替えがもっと早く決まっていたらとつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【悲報】静岡県民球団、BCリーグ参戦ならず

静岡県民球団の本加盟審査の結果について ルートインBCリーグでは、本日8月28日(火)に行われましたルートインBCリーグ代表者会議において、静岡県民球団の加盟を見送りましたのでお知らせ致します。 尚、来季は11球団でリーグ戦を行う予定です。 http://www.bc-l.jp/bcl_news/34508 「静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<都市対抗野球>ドーム大入り JR東-西濃運輸3.4万人

 第89回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第3日の15日は3連休の中日に当たり、延べ7万2500人のファンが東京ドームに詰めかけた。  優勝経験のあるチーム同士の好カードとなった第3試合の東京都・JR東日本-大垣市・西濃運輸は、今大会最多の3万4000人の大入りになり、好プレーのたびに歓声が響いた。今年から電光掲示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市民球場リニューアル スピードガン導入、外野拡張 プロ野球公式戦の招致も

 7月7日に開幕する第100回全国高校野球選手権茨城県大会開会式の会場となる水戸市民球場(同市見川町)が改修工事を終え、30日にリニューアルオープンする。スコアボードにフルカラーの発光ダイオード(LED)を採用し、スピードガンも導入したことで、野球をより刺激的に楽しめる球場へと進化。両翼と中堅を拡張し、公認野球規則を満たしたため、市はプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト球団社長「MVPは最高勝率から出して」

 ヤクルト本社の株主総会が20日に行われ、質疑応答で株主から球団に関する質問や要望は出なかった。交流戦で12勝6敗と球団初の最高勝率チームに輝き、株主の満足度も高かったためとみられる。  一方で、衣笠剛球団社長兼オーナー代行は「勝負事だから取り決めがある。ただ、せめてMVPは(勝ち越したリーグからではなく)最高勝率から出してもらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクルト元スカウト部長の小田義人氏死去 71歳 青木宣親らの入団に尽力

 ヤクルト元スカウト部長の小田義人(おだ・よしと)氏が5日、午前10時に肺がんで死去した。71歳だった。  静岡県出身の小田氏は静岡高時代に2度の甲子園出場を果たし、早大に進学。68年秋に一塁手でベストナインを獲得するなど活躍し社会人野球・大昭和製紙を経て、72年ドラフトでヤクルトから2位指名を受けて入団。日本ハム、南海、近鉄と渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶつぶつ独り言/今の『サンデーライオンズ』に好意的な人もいるらしい

 今季のNACK5『サンデーライオンズ』はその「中継しない野球中継」っぷりが思った以上に不評で、毎日新聞の記事になったりBPOにまで批判されたりさんざんな叩かれっぷりなのだが、この中継に好意的な声も拾ってみたいと思って色々検索していたら、そういう人もいた。 http://64uni.blog41.fc2.com/blog-entr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more