選手が足らずに「公式戦を中止」 女子プロ野球リーグ、なぜそんな事態に?

 日本女子プロ野球リーグ(JWBL)が今季の公式戦を中止すると公式サイト上で発表し、ネット上で驚きの声が上がっている。

 「選手が足りなくて試合ができない」というのが理由だ。なぜこんな事態になったのだろうか。

■「登録選手が若干名となったため、公式戦を行わない判断をした」

「今シーズンの公式戦不開催の判断に至った理由としましては、女子プロ野球選手として登録する選手が若干名となった為です」

 リーグを運営する日本女子プロ野球機構は2021年3月15日、例年行っていた公式戦を21年度は行わないと決めたと公式サイトで明かし、こんな理由を挙げた。

 公式戦の雲行きが怪しくなったことは、スポーツ報知が2月5日、ウェブ版記事で報じていた。

 記事によると、昨季に在籍した3チーム計43人から26人が退団やアマチュアチーム入りし、在籍が17人になった。女イチローとも呼ばれた三浦伊織選手らが、阪神が支援するアマチーム「阪神タイガース Women」に移籍するなどして、12年目の今季を迎えることが難しい状況だとしていた。

 女子プロ野球機構は今回の発表で、今季は女子野球の普及のために野球教室を開いたり、アマチュアと交流したりして、リーグとしての基盤づくりに注力すると説明した。そして、登録選手を増やす活動のサポートを行い、来季以降のリーグ開催に向けて尽力していくとしている。

 女子プロ野球リーグは、サプリメント販売のわかさ生活(京都市)が主体となって10年に立ち上げ、一時は4チーム体制で在籍選手も71人まで増えたが、赤字経営が続いていた。19年8月には、記者会見して、チーム運営に参入する企業や団体を募るまでになっていた。

 同年11月になると、約半数に当たる36人もが退団することの発表に踏み切った。「美しすぎる女子野球選手」として話題になった加藤優選手ら主力選手も含まれていたため、メディアにも大きく取り上げられた。

 選手らの大量退団については当時、週刊文春も取り上げ、オフシーズンは選手としての月給が支払われないなどの厳しい条件提示に選手らから不満が上がり、選手らをアイドルのように売り出そうとするリーグ創設者のわかさ生活社長のやり方にも反発があったと報じた。

 これに対し、わかさ生活の社長は、2020年2月8日のブログで、文春の記事は自分が独裁しているかのような事実を曲げた取り組みとは逆の内容だと反論し、自らの著書『女子プロ野球クライシス』で取り組みを紹介したと明かした。「女子プロ野球リーグを続けるのは意地を張ってるのではなく、夢の継承のバトンを次世代に繋ぎたいため」だと説明している。

 今回、また大量退団が出たことになるが、日本女子プロ野球機構の担当者は3月17日、J-CASTニュースの取材に対し、次のように説明した。

「選手それぞれの思いもあると思いますので、こちらの分析などは公表していません。オフシーズンは選手としての月給が支払われないというのは、事実ではないです。新型コロナウイルスの感染拡大で昨季は主に無観客試合でしたが、収入面への影響があったわけでもありません。今後の取り組みについては、内部で協議しながら進めていく予定で、詳細が決まれば公式サイトで公開したいと考えています」


https://news.yahoo.co.jp/articles/868df21420f87c5d575ab89bf7d232a4807f7ae7?page=2

 観戦できない、テレビ中継もネット配信もされない、つまり誰も観れない試合をやっているのだからそりゃ世間から忘れられる。

 NPBの球団が女子チームを立ち上げたりして、女子野球の大きな前進みたいに受け止められていたが、それがかえって女子野球界のカオス状態を招いてしまっていると言えなくもない。

 NPBの「女子部門」が12チーム揃うかどうかというと、ジュニアトーナメントなどというものをやっているくらいだから、それの女子版みたいな事は割と可能だと思う。

 ただそれを持って「女子野球の最高峰」などと考えるのは、女子野球に対する愛がなさすぎる気がする。

 やはり、プロとかアマとかはさておき、トップリーグというものをちゃんと再整備し、1シーズン戦う場がないと女子野球が継続して注目されなくなるのではないか。仮に12チームが揃い年に1度トーナメントをやったところで注目度は「ジュニアトーナメント」相当のものに落ち、野球を志す女子の再度の減少を招く気がする。

 ではNPBの「女子部門」12チームによるトップリーグが実現するかというと、まずNPBがそこまで女子野球に本気で取り組まないだろうし(そこが愛のなさだ)、現行の女子プロ野球チームと同レベルの戦力を有するチームが12も存在し得ない上に、女子チームなんて作りたくないという球団が結構あるように思う。それを思うとJWBLは間違いなく女子野球のレベルを引き上げる事に貢献している。

 またNPBで閉じた女子リーグを作ってしまったら、NPBに加盟していない企業がいざ女子野球チームを作って加盟できなくならないだろうか。その辺は柔軟に門戸を開くかどうかの話だが。

 そんな企業があるのか?と言われそうだが、「わかさ生活」が正にそうではないか。

 確かにわかさ生活によるJWBLの運営が非常にいびつなものだった事が今の状況を招いているとも言えるが、女子野球をコンテンツとして育て、一定数のファンを獲得した実績において一日の長がある。

 しかしわかさ生活一社で全チームを運営するのはどう考えても無理があり、わかさ生活はひとつの企業なのだから「京都わかさフローラ」の運営に徹し、他チームと同等のフラットな立場で女子野球に関わるのが現実的で自然なのではないかと思う。

 その上でNPBから女子チームを立ち上げた西武と阪神、わかさ生活、そしてエイジェックみたいな女子野球に積極的な企業による4~6チームほどで女子野球の新トップリーグを再編という形に落ち着けば理想なのだが。プロを名乗るのがおこがましければ別にプロにこだわらなくて良いと思う。

 JWBLが事業として成功したとは言い難いが、トライアウトを受験した野球女子の数から、JWBLが彼女たちにとってのひとつの憧れという地位を確立していた事は確かだろう。

 野球女子達のためにも、関係者が一致協力してこのカオス状態を克服して欲しいと切に願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント