ソフトボール 日本ハム元球団代表の島田利正氏がソフト機構新チェアマンに

 昨年9月に日本協会から一般社団法人として独立した日本女子ソフトボール機構は17日、都内で記者会見を開き、新リーグ発足へ向け、プロ野球日本ハムの元球団代表の島田利正氏が代表理事兼チェアマンに、ソフトボールの元日本代表監督の宇津木妙子氏が副会長兼キャプテンに就任することを発表した。

 新リーグの発足に尽力する。島田氏は「世界一のリーグを目指す」と宣言。目標は競技の盛り上げという。競技は24年パリ五輪の除外が決まっており、「宇津木監督も五輪から外れてしまうことに相当な危機感を持ってらっしゃった」。

 競技の五輪種目復活は特に目標には掲げていない。島田氏は「五輪・パラリンピックに頼ることのないリーグを作りたい。リーグ自体が盛り上がって、あのリーグでプレーしたいというようにしたい」と理想を語った。

 宇津木氏もビデオメッセージで「私のソフトボール人生の集大成としてできる限りの貢献をしたい。まずは東京五輪で最高の結果を出し、日本の存在を示したい。世界中のプレーヤーが日本でプレーしたいと思えるようにしたい」と思いを語っていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c390296c626f141f3a822f806ee3f527a9740b52

 新リーグについては去年の暮れに報じられたが、リーグが協会から一般社団法人として独立するという話は結構大きいものの、それ以外はあまりインパクトを感じなかったし、実際あまり話題にもなっていなかった。

 ソフトボールがマイナーだからではない。去年の暮れの報道で「"事業"拡大」という言葉が使われていたにもかかわらず、「プロ」の文言が一切使われなかったからだ。

 日本では「プロ化」という文言はどんなマイナーな競技の注目度も上げてしまうほどの大きなインパクトを持つ。当事者にプロ化という意識がないのか遠慮しているのかわからないがリーグを独立法人化して事業として行うのならば「プロ」を標榜し「プロ」という意識を持つべきではないだろうか。少なくとも日本リーグの競技レベルという部分は「プロ」を名乗るに十分相応しい。常に国際大会で優勝を争う国のトップリーグがいつまでも「アマチュア」で良いのだろうか。だからこそマイナーなのではないか。

 プロの定義については色んな人が色んな事を言っているが、いわゆる実業団スポーツの選手でも、競技を行う事で報酬を得ているのならば事実上のプロと言える。違うというのなら、サラリーマンはいかなるプロでもないという事になってしまう。

 それでも実業団スポーツは一般的にアマチュアとして扱われる事が多い。つまりそのリーグがプロであるか否かという問題の主語はプレイヤーではなく運営者であり、福利厚生の範囲ではなく事業として行うのならそれは「プロ」を志向し、標榜すべきだと思う。

 新リーグは「チームを増やす」とか「各チームの地元での試合を増やす」(つまりセントラル方式を止めてホーム&アウェイ方式にするという事だろうか)とか言っていたが、それらは別段今までのリーグでもできた事だ。

 そういう事よりも選手の雇用形態を「プロ」を標榜するに相応しく柔軟に適応したものにしていく方がアピールできるのではないだろうか。つまりプロ野球選手などと同じように個人事業主としてプレーできる選手はそのようにする。例えば全盛期の上野由紀子なら選手としての年俸だけで何千万かの価値はあったと思う。そこまでいかない選手は「親会社」の社員という立場で、出向という形でプレーする。この場合会社員としての身分は保障されるが給料はもちろん同年代の会社員なりのものになる。

 それ以外にも、女子ゆえのライフサイクルやレベルに合わせ色んなプレースタイルに対応できるように雇用形態を考えていけば、まずソフトボールを志す人たちに注目されるだろう。

 オリンピックに依存しない、という姿勢は悪くないと思うが、ではどうするのかという問題は残る。なぜかというとソフトボールの場合サッカーなどと違いオリンピックよりもステータスの高い国際大会がないからだ。2018年に千葉で行われた国際大会では日本代表以外の試合は閑散としており、まだまだ世界から注目されていないと感じた。

 では野球のようにメジャーを模範としていくか。しかしアメリカのプロリーグNPFとてすごく人気があるわけではない。むしろ日本リーグの方がよほど動員力がある。

 だから、ソフトボールに関しては世界を意識するよりその国内の「新リーグ」をまず盛り上げていく事を第一に考えて欲しいと思う。幸い女子野球にはないソフトボールなりの人気の素地というものがある。リーグ戦に関しては各企業の動員力に頼っていたりもするが、それも「素地」の一部である。そういう実業団スポーツの「良さ」をわざわざ放棄せず、地域のファンも地道に増やしていく。今でも十分日本リーグは世界のソフトボール選手が目標とする存在なので、そのポテンシャルを是非活かして欲しい。

 チーム名に地域名を入れるのはマスト。あと絶対東京にチームを。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント