プロ野球「田沢ルール」撤廃 今秋ドラフトで田沢も指名可能に

 プロ野球の12球団代表者会議、理事会、実行委員会が7日、オンラインで行われ、いわゆる「田沢ルール」について撤廃することが決まった。

 田沢ルールとは、ドラフト指名を拒否して海外のプロ球団と契約した選手は、海外球団を退団した後も、一定期間(高卒選手は3年間、大学・社会人出身は2年間)はNPB球団と契約することはできない、という12球団の申し合わせ事項。08年12月に、当時新日本石油ENEOSに所属し、ドラフト1位候補だった田沢がレッドソックスと契約したことを受け、大リーグへの有望な若手流出を防ぐために承認された。

 「これにより海外から帰国した選手は本年10月のドラフト会議を含め、今後選択可能な対象選手となります。12球団から見直しが必要という声がかねて上がっており、選手会からも申し出があった」と日本野球機構の井原敦事務局長。10月26日に予定されるドラフト会議で、12球団が田沢を指名することが可能となった。田沢は3月にレッズ傘下マイナーを自由契約となり、7月にBCリーグ・埼玉へ入団。今季はここまで7試合に投げ、1勝0敗、防御率3・86の成績を残している。田沢ルールの撤廃でその影響は及ばないが、NPB球団でプレーするにはドラフト会議で指名される必要がある。


https://news.yahoo.co.jp/articles/b39f33d22199adaf540742dcaba3bb5b7fedd3f7

 結局、田沢以降、ドラフト1位級の評価を受けながらMLBへ、という意思表示をした選手は大谷以外いなかった気がする。

 これを「日本の球団の育成能力や環境が、マイナーなどより格段に進歩した事が理由」とする記事もあったが、能力はともかく環境に関してはNPBの方が少なくとも日本人選手には昔から良かっただろうと思える。

 それでも田沢投手がメジャーを志した時点では、何か日本のプロ野球に「嫌な空気」があったような記憶もある。

 結果的にはいらないルールだったと言えそうだが、撤廃するにしてもメジャーの公式戦で1試合でもプレーした選手はドラフト対象ではなく自由に契約できる方が理にかなっている気はする。NPBから見ればMLBが格上である事を考えると。

 田沢投手がNPBでプレーする事になったとしたら、埼玉武蔵の果たした役割は非常に大きいと言える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント