ヤクルト連勝ならず「簡単には勝てない」高津監督

<ヤクルト0-3中日>◇21日◇神宮

ヤクルトは0封負けで、初連勝に届かなかった。中日梅津の対策は練っていたが、7回まで3安打のみ。

高津監督は「直球に力があり、低めに集まっていた。しっかりと抑えられたというか、やられた感じ」と振り返った。守備でのミスもあり、流れが悪くなった。開幕カードは負け越し「小さなミスが、失点や得点できない事につながる。修正していかないと簡単には勝てない」と話した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/237de3f042f9cd369177866d5e2557bc8b503915

 この3連戦、意外だったのは先発投手がいずれも試合を作った事だった。だから3連敗だけはしなかった。開幕戦は石川が六回までもってくれていたらかなり勝ち目があったように思うが(それでも七回に梅野を使って負けたのかもしれないが)、今の石川は「5回3失点」なら上出来で御の字の投手で、そういう投手が「開幕投手」を務めているのがヤクルトのチーム事情なのだ。

 一昨年でどう見てもクビだと思えた山田大などはよくここまで上がって来たと思う(左投手の利点はクビになりにくい事だ)。京田への1球を「悔やむ」とコメントしたらしいが、悔やむ球の1つや2つは常にあると思う。このままローテを守る事にこだわって欲しい。

 とにかく3連戦で先発投手がいずれも先発の3~5番手相当の働きをしたのは嬉しい誤算だ。軸になる投手が2人でてきたらなんとか戦えるのだけど。

 打線に関しては、塩見の五番は無理で、まだ雄平の方が良いように思う。出塁率にこだわったバッティングをして欲しいのだがそういう風でもなく、高津監督が塩見をどうしたいのかがいまいち見えて来ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント