東京が独自大会の開催発表 東西V校対決も検討

東京都高野連は1日、都内で緊急理事会を開き、中止となった今夏選手権に代わる独自の東西東京大会の開催を発表した。

開幕は7月18日。名称は「2020年夏季東西東京都高等学校野球大会」とし、公式戦として実施する。決勝は8月中旬を想定。神宮球場が使えるかは、これから詰める。日程的に可能なら、東西東京の優勝校による対戦も考える。無観客で行うが、部員、保護者を入れるかは今後、検討する。スカウトについては未定。

日本高野連が5月20日に甲子園大会の中止を決める前から、東京都高野連は甲子園の開催有無にかかわらず、東西東京大会の準備を進めてきた。暫定日程として、当初の開幕を1週間遅らせて7月11日としていた。だが、5月28日に東京都教育委員会が「新型コロナウイルス感染症対策と学校運営に関するガイドライン(都立学校)」を策定。都立の部活動再開は6月15日以降とされた。さらに、1日の在校時間は6時間まで。授業時間を終えると、部活動に充てられる時間は限られる。そこで、大会までの準備期間を伸ばすため、開幕をさらに1週間、遅らせる。なお、再び緊急事態宣言が発令された場合は、大会を中止する。

武井克時理事長は「ご家族、高校野球ファン、皆さん同じ思いだと思いますが、3年生が1度も大会に参加することなく終わるのは、しのびない。頑張った成果を発表する場を作ってあげたい」と話した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/a9e5c5660f6e7b49d5cc1ad8fef2670963e8a4e7

 ある高校の野球部で、監督が部員たちに夏の甲子園中止を伝える映像がテレビでいくつか流れた。監督が部員たちの前で「決して無駄には」だの何か立派な事を言った後、「わかった?」

 部員たちは一瞬の沈黙の後「ハイ!」

 だけどこの「ハイ!」は単なる脊髄反射で、本当は誰一人納得などしていない。ハイなんて言える心境ではない彼らの前で、無力な大人は美辞麗句を並べて強引に話をまとめようとする。まあそれが彼らの立場だから仕方ないのだけど、自分の責任というものを自覚しているのなら、

「代替となる大会を開催できるよう、(都道府)県高野連や他校の先生方と連携する。できる限りの事をするから皆希望を捨てるな」

 的な言葉が出てくるべきで、そういう事をするのが「大人」というものだろう。

 それにしてもこうした動きに対し中央の高野連がおおむね肯定的であるというのが何だかなという気がする。やっぱり単に責任を負いたくないだけなのだというのがよくわかる。ある意味「反旗を翻された」とも言える動きなのだが、たぶんその自覚もないだろう。高野連に限った事ではないが、もっと頭の回る、行動力のある若い人間がトップにならなければ。

 それにしてもまだ「野球だけ特別扱い」とのたまう手合いがいるのはどういう事なのだろう。当事者が自ら行動し、代替大会を実現しようとしているのであって、誰か偉い人に「特別扱い」してもらっているのではない。それどころか他の競技も代替大会の開催を模索しているという。これは当事者が中央の決定に「賛同していない」事の証明で、中央はこうした動きに苦言を呈するべき立場なのにそういう風でもない。もはや大組織を束ねるだけの知力も行動力もない。

「勉学優先」「部活やってる場合か」と色々理屈はあるし、「知り合いの子は気持ちを切り替えて勉強に専念している」とか要らん情報入れてくる手合いもいるが(中止になったその日に切り替えられるなんて凄い子だ)、それは個々の事情による話で、参加したくなければしない自由くらいはある。そのうえでこれだけの都道府県、学校が大会を「できる」「やろう」と言っている。中央の決定の、正当性がどんどんなくなっていく。

 野球ばかり云々と思うのなら、他の競技団体も動けば良い。必要なのは行動する人で、美辞麗句を並べて「いいね」とか集めて悦に入っている人ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年07月23日 19:03
いつもナイスです。