西武松坂、甲子園中止「本当の苦しさ当事者にしか」

西武松坂大輔投手(39)が、甲子園大会中止を受け思いの丈を打ち明けた。日本高野連と主催の朝日新聞社が20日、第102回全国高等学校野球選手権大会の中止を正式に決定。98年に横浜高で、春夏連覇を果たした松坂は球団を通じてコメントを発表した。平成の怪物と呼ばれた自身が抱く甲子園への思いや、奪われた高校球児が集大成として披露するための新たな舞台設立を提言した。

以下コメント全文

正直、開幕の3カ月前の決定は早すぎるという思いはありますが、中止という重い決断をされた日本高野連、主催者の方々は、議論を尽くされた上での決定だと思います。

決断をもっと遅らせることも出来たのかもしれませんが、「夏の甲子園」と代表校決定の「地方大会」はセットでしょうし、学校自体が再開されていない現状では仕方がない事だと思います。

センバツに続き、夏の甲子園の開催が無くなった事。もし、自分がその立場に身を置いた事を考えると選手の皆さんに掛ける言葉は正直、見当たりません。本当の苦しさは当事者にしか分からないですから。事実をどう受け止め、次に向かうかという問いに答えも見つかりません。甲子園というものは、それだけ大きな存在です。

ただ、選手の心に寄り添い、アイデアを出し、実行することは大人に出来ます。「出来ない」ことを決めるだけではなく、「出来ることは何か…」を考える。従来の形の地方大会でなくとも、仲間と積み上げた日々を証明する舞台を用意してもらいたいです。

今、ラグビー界では高校3年生の選手支援へ、プレー動画をSNSで拡散する「#ラグビーを止めるな2020」のプロジェクトが話題を呼んでいると聞きます。選手個々や、学校が独自で発信することがルール上難しいのであれば、例えば各都道府県の高野連が許可した上で各学校から送られた動画をのせる。投手ならブルペン投球、野手なら打撃練習、紅白戦の様子でもいいと思います。

球場を使えず、移動のリスクがあるならば、学校のグラウンドでの取り組みを「インターネット上のグラウンド」で紹介することは出来ないでしょうか。地方大会を見ることも出来ないプロ、大学、社会人の関係者も目にすることが出来るかもしれません。

これは1つのアイデアであり、本当にちっぽけなことです。願わくば、新型コロナウイルスの感染が終息し、選手たちが1試合でも多くプレー出来ることを祈るだけです。

(原文まま)


https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-bb-tp0-200520-202005200000556.html

 プロ野球は6月下旬に開幕のメドが立っているという。状況はいくらか変わっているのに運営者のチキンっぷりは変わっていない。ネズミを駆除するためにビルごと爆破するような効率の悪さ。これで「第二波」がきたらまたみんなで自粛するのか。こんな事を続けていたらどうなるだろう。

 せめて「ネズミが出るところにトラップを仕掛ける」程度にはピンポイントな対応に転換していかないとウィルスに感染しなくても世界が滅びる。誰がウィルスに感染しているかをハッキリさせてそうでない人は通常の活動を再開する。野球がその先陣を切る事にかすかな期待を込めていたのだが。春にできなかったセンバツを夏にやってやれば良いではないかと。

 高校野球大会で感染爆発するとも思えない。高野連が恐れているのはウィルスではなく批判。その他言いたいことは大体京都大学の藤井聡教授が言ってくれているので少し留飲が下がった。

https://www.youtube.com/watch?v=-dWDKH3W2jg&t=18s

 野球だけ特別扱い云々と言っている人がまだいるのに呆れる。野球とその他の競技では統括団体が違うと色んな人に指摘された筈なのにまだわからないのだろうか。て言うか彼らはそもそも「高野連」なのだから野球が「特別」なのは当たり前だ。「そんな事は一般人にはわからない」などと反論していた手合いもいたが、わかっている人だって一般人だし、それがわからないという事は「筋」が理解できていないという事だからもう黙っていて欲しいと切に思う。

 こうした「自粛万能主義」と言うか「ネット自粛警察」みたいな人達は、そうでない人達に「現実見ろ」とか言い、「命か経済か」などと不毛な二択を一方的に突き付けてくる。

 そうではなく、経済とは命だ。そもそも経済を守れずに命は守れない。彼らはウィルスを根絶するまで自粛を極めるべきなどと考えているのかもしれないが、そうでない人達は、ウィルスを完全に根絶する事はできないと諦め、その上でもっとピンポイントな対処方針にシフトし、ウィルスの存在を認識しながら経済を回していくべきだと考えている。はて「現実見て」いるのはどちらだろうか。

 松坂のコメントにしても、他の選手やOBのコメントにしても、選手を励ましたり慰めたりしたいのだろうが所詮は現状肯定だ。彼らのコメントに共感する声も多数あるのだろうが、現状肯定を前提に部外者の共感を集めてどうなるものでもない。当事者であり、今まさに悲嘆に暮れている球児の心には響かない。そうではなく、怒らないといけない。野球だけの事ではない。藤井教授も言っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

責任転嫁。
2020年08月29日 15:01
主要各国政府もWHOも同類。本当にインフレ的な超過度な自粛は辞めて欲しい!本当に人類社会が崩壊するぞ、このままでは…。