BCリーグ存続危機「興行なければ球団なくなる」

プロ野球独立リーグのルートインBCリーグが新型コロナウイルスの影響で存続危機に陥っていることが22日、分かった。当初は4月11日に開幕予定だったが2度延期し、いまも確定できない。公式戦を開催できなかった場合は、リーグ運営の大きな財源であるスポンサー料の返還が生じ、窮地になる。同リーグの村山哲二代表が日刊スポーツの電話取材に応じ「興行できなければ、ほとんどの球団はなくなると思います」と危機感をにじませた。

日本のプロ野球界を底支えしてきた独立リーグのBCリーグに激震が走った。新型コロナウイルスが猛威を振るい、開幕日が決まらない。公式戦を開催できなければリーグ存続の窮地に陥る。同リーグの村山代表は一般論も交えつつ、強い危機感を込めて説明した。

「(今季の運営の見通しは)立っていません。プロスポーツは、試合できなければスポンサー料も返還しなければいけない。興行できなければ、ほとんどの球団はなくなると思います」

当初は4月11日に開幕予定だったが、コロナ禍で2度の延期。5月中旬の開幕を目指してきたが、政府の緊急事態宣言の全国拡大を受けて、同17日に5月6日までの全体練習、対外試合などチーム活動の休止を発表した。ルートインホテルズが命名権を持ち、5社の公式スポンサーのほか、複数企業のサポートを受ける。また、各球団も地元企業を中心にスポンサーを募って運営資金に充てる。主な財源は入場料やスポンサー収入で、選手らの給与もまかなう。開幕できなければダメージは計り知れない。

村山代表は「独立リーグは親会社が担保してできる状況ではない。こういう事態は初めてです」と苦悩する。NPB球団のように潤沢な資金力があるわけではない。同リーグ1球団の年間予算は平均約1億3000万円でNPB球団の50~100分の1の規模(18年3月調べ)。リーグは深刻な状況を打開すべく、NPBとも緊密に連絡を取る。また、毎週、全球団の臨時代表者会議を開催し、状況を見て善後策を協議する。

「緊急事態宣言が終結すること、全体的に感染者数が減って、終息に向かうことが開幕するための大前提になります。我々も開幕に向けて努力するだけです」(村山代表)

東北、北信越、関東、近畿まで広範囲にまたがる日本最大規模の独立リーグだ。今季は神奈川も加わり、初めて12球団でシーズンを迎える予定。無観客での試合放送やスポンサーCMなど、収入源の確保も検討する。毎年、NPBに選手を輩出し、野球界のレベルアップに貢献してきた新興リーグが、ピンチに立たされている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-24220794-nksports-base

 親会社というものがなく、企業色を廃しスポーツだけを収益にプロ野球リーグを運営するのは無理がある、とは前から思ってはいたが、まさかこんな形で本格的な危機を迎えるとは。

 スポンサー頼みの運営は危ないとつくづく思う。だからしっかりした経営母体が必要で、「全国的には知られていないが地元では誰でも知っている」ような企業が親会社となる。それができるくらいリーグの価値が上がり、そうした運営形態ができるようになるのを望んでいたが、大きな試練にぶちあたった。

 各チームがそれぞれ独立した法人格を持ち、事業として行われるのが「プロリーグ」だと僕も頑なに思っていたが、下記ブログで、アメリカのマイナースポーツなどで採用されているSingle Entity(シングル・エンティティ)というリーグ運営形態について提唱しており、面白いと思ったので紹介したい。

https://gunosy.com/articles/RQcqx

 シングル・エンティティとは、大雑把に言うと独立した法人格を持つチームをリーグが束ねるのではなく、リーグがひとつの事業体で、各チームはその部署的な位置づけというもの。

 チームには通常、販売を促進する「事業部門」と、チームの強化を行う「強化部門」があり、チームはこの「事業部門」だけを分離しリーグに所属させる。各チームのオーナーはリーグの「共同出資者」という位置づけ。各チームは独立した法人格を持っていてもいなくても、強化に徹する事ができる。もちろん福利厚生の範囲で運営されるいわゆる実業団チームも参戦できるが、その場合リーグの収益は分配されない。

 それにより戦力の均等化は比較的容易になり、チーム同士のトラブルも少なくなる。ただし選手とリーグ間のトラブルはあるかもしれないが、元々待遇に大きな期待はできない独立リーグではあまりないような気がする。

 詳しくは本文を読んで欲しいが、どうだろうか。独立リーグ規模のものには向いているように思う。特に実業団チームがJABAよりも低コストで、同レベルのチームとの対戦の機会を増やせるとなれば…また最近比較的知名度の低い企業のチームが意外にも増加傾向である事を考えると潜在的な需要があるようにも思える。また全足利のような伝統のあるクラブが比較的容易にプロ化できる気もする。いずれにしてもチーム名に地域名を入れるのは必須である。

 ところでリーグが全チームを直接運営する女子プロ野球が正にシングル・エンティティではないかという気もしたが、あれは各チームに運営の主体がなくリーグそのものがわかさ生活1社独裁みたいなところがあるのでやっぱり違うと思う。それを考えると女子プロ野球にも是非参考にして欲しいところ。要はこれにより、最近JABAに加盟してきたような企業が集まって活気が出てくれれば、多少の危機はやりすごせるかもしれないということなのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント