非野球もの/見た目は和風でも未来感満載 高輪ゲートウェイ駅が開業

 JR山手線・京浜東北線の品川―田町間に14日、新駅「高輪ゲートウェイ」(東京都港区)が開業した。「未来をイメージできる駅」を掲げ、乗り換え案内や清掃などは人工知能(AI)を搭載したロボットが活躍。23日には、構内に無人決済コンビニが開店する。一方、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてJR東日本は開業式典を中止し、駅前の特設会場で19日に開幕するはずだった関連イベントも大幅に延期された。

 山手線に新駅が誕生するのは1971年の西日暮里(にしにっぽり)駅以来で、30番目の駅となる。車両基地の跡地に立つ新駅の周辺は、まだがらんとしたまま。しかし、シャッターが開く前の午前4時ごろ、改札に通じるデッキには、すでに一番乗りをめざす鉄道ファンら約350人が詰めかけた。午前4時35分、山手線初電の内回り電車が到着すると、ファンらは拍手で下車する乗客を出迎えるとともに、しきりに写真を撮りながら乗り込んでいった。

(後略)


https://www.asahi.com/articles/ASN3G3Q4NN3DUTIL00N.html

 この駅があったら良かったのにという場所に通勤した経験が2度あるだけに感慨深いものがある。

 駅名について今更グダグダ言いたくないが、駅名は「芝浦」以外ありえないと思っていた。次点で「泉岳寺」か。

 だから「高輪」派が多い事に若干忸怩たる思いだった。高輪なんて見栄っ張りの高級ブランド志向みたいで嫌だし、品川駅高輪口ともまぎらわしい。それにこの駅を必要としている人の多くは芝浦で仕事をしている。芝浦には高輪みたいな高級感はないがベイエリアへの広がりを連想させ、「仕事」をする人たちのエネルギーに満ちた別のブランド力がある。

 だから高輪に「げーとうぇーい」とかいう余計な文言がついた事には多少ざまーみろとか思っている。以降「高ゲー」とでも呼ばれるが良い(笑)。

 で芝浦だが、考えて見れば昔から鶴見線に「新芝浦」と「海芝浦」があったのだった。「分家」が既に若干離れたところにある状況では山手線に「本家」ができても若干据わりが悪いのかもしれない。

 では「泉岳寺」かと言うと、結構離れている。ていうか場所が品川に近すぎる。もっと芝浦小学校に近い位置かと思っていた。

 結局グダグダ言っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント