ぶつぶつ独り言/ドラフト雑感めいた話

 ヤクルトは競り合いに参戦するな。というのが持論だった。ドラフトのクジというのは球団を一生懸命改革しようと努力する球団に当たるものであって、ヤクルトのようなヤル気皆無なドケチ球団の出る幕ではないからだ。

 それが見事に星稜の奥川投手を引き当ててしまった。確かに高津監督には個人としての運があるのかもしれないという気はしないでもなかった。だがドラフトにはあくまでヤクルト球団という立場で参加しているのだ。もしかしたら高津に運があるのではなく「奥川の運がない」のではという気さえする。ヤクルトとはその位ネガティブなエネルギーに満ちた球団だ。

 その奥川が、ヤクルトが自分を引き当てた瞬間、固い表情を崩さなかった事で、競り合いに敗れた巨人と阪神のファンが大はしゃぎだったらしい。ひとつ言っておくが、そもそも世の中、感情をそのまま表情に表わす人間ばかりではない。

 奥川の意中の球団はどこか?という事が後でちょっと話題になり、結局「わからない」「誰にも言わない」などともどかしい結論にしかなっていない感じなのだが、たぶん本人サイドが「12球団OK」と表明していた、正にその通りだったのではないかという気がする。ひとつ言えるのは、今はどの球団も集客面等で成果を上げており、注目度や実力の格差も昔ほどではなく「巨人でないと嫌だ」といった感覚は今の子たちには希薄なのではないかという事。

 ヤクルトが引き当てた、その瞬間の奥川の表情をカメラがずっと捉えていたのだが、その表情は、何らかの感情を表わすことを意志の力で抑えているように思えた。それは周りの大人に言われたとか、そう示し合わせたというものではなく、正に自分の意志で。意中の球団を「親にも言わない」という本人の「戦略」からそう考えるのが自然に思う。

 だとしたら奥川は投手らしい、思慮深いところのある投手ではないかと思う。そこを伸ばしてクレバーな投手に是非育てて欲しいところ。以下、普段良く観る関東のアマチュア中心に。

 今回もっとも注目していたのが埼玉武蔵ヒートベアーズの松岡洸希投手。育成ではなく下位指名あるか?と思っていたのがまさか西武が3位で指名するとは。林昌勇にフォームがそっくりである、その面影からヤクルトが指名する事に少し期待していたが、話題性には振り回されない筈の西武が指名とは。単に投球フォームが好きなだけだったが、思ったより好素材なのかもしれない。

 創価大・杉山晃基投手はヤクルトが3位で指名した。マイナーな東京新大学リーグでの実績はイマイチ信用されないところがあるので、全国大会での実績が重視されるわけだが、その意味では杉山は今年になって急に成長を遂げたという事なのだろう。「"スギちゃん"と呼ばれたい」と言うからには早く活躍し、ヒーローインタビューで「ワイルドだろぉ?」くらい言わないといけないだろう。

 日体大・吉田大喜投手の2位指名は思った以上にヤクルトファンを喜ばせたらしい。どちらかというと北山比呂投手に注目していたのだがどこも指名しなかった。それは何だか残念ではあるが、これまで不可解な2位指名が多かったヤクルトファンはようやく留飲を下げたわけだ。是非1年目から一軍に定着して欲しい。

 横浜高校の及川雅貴投手は高校ビッグ4とか言われたらしいが、僕の中ではあまり評価が良くなかった。春の甲子園しかり、勝負弱いところが。今年の夏、相模原高校に打ち込まれて負けた試合も実は観ていたのだが、エース登場でもう大丈夫、というオーラが全然なかった。試合開始直後、僕の背後で「横浜が勝つよ。俺が何試合高校野球観てきたと思ってんの」と得意気な人がいたが、皆そんなところだっただろう。だけど野球は投手。勝負弱いエースでは何が起きるかわからない。阪神3位というのは僕からしたらかなりの高評価だが、どう育てるか。

 さて大船渡高校の佐々木朗希投手。夏の岩手大会の一件は色々議論になったが、批判的な人は「佐々木が見たかったのにけしからん」という個人の欲求から不満を言っているに過ぎないので、議論にするような問題ではないと思う。佐々木を一番良く知る監督の判断なのだからそれを尊重するしかないのではないか。見方を変えると、勝利至上主義と言われた高校野球から、このような判断をする監督が現れた事を画期的な出来事と捉える事ができないだろうか。ファンの間にも「たかが甲子園」という意識がもう少し浸透するキッカケになればと思う。ロッテが引き当てた、というのはなぜかしっくりくる。

 今回もっとも印象が強かったのは、実は奥川でも佐々木でもなく、西武が三軍を創設するという事。本当は育成制度などなく、欲しい選手は本指名してちゃんと契約金を払うようになれば良いと思うが、それはともかく、スカウティングと育成で勝つ西武がやるべき事がまさにこれ、という気がする。ソフトバンクは単なる金満球団ではない。「育てば儲けもの」ではなく、獲った選手は「育てる」。そういう意欲があるからこそ多くの選手を抱える事ができる(1球団で大量に抱える事自体に異論はあるが)。西武がソフトバンクに勝つには、同じことをより高い精度でやるしかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント