ルートインBCリーグ・福井ミラクルエレファンツ 来季存続へ前向きな動き

 10月11日(金)、ルートインBCリーグ所属・福井ミラクルエレファンツを運営する株式会社福井県民球団が2020年シーズンに向けたルートインBCリーグへの加盟更新を行わないことを記者会見発表したことに対し、10月14日(月・祝)ルートインBCリーグを運営する株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング代表取締役・村山 哲二氏が「高校野球ドットコム」の独占取材に応じ、現時点での福井ミラクルエレファンツについての状況について回答した。

福井球団を消滅させるわけにはいかない

 村山氏は「8月上旬には株式会社福井県民球団から来季加盟が難しいことを聞き、様々な選択肢を探っていた中で今回の発表に至った」経緯を述べた上で、「リーグとしては、地域のプロスポーツの火を消さないためにも、16人が来季契約を表明している選手たちのためにも福井球団を消滅させるわけにはいかない」大原則を強調。

 そして気になる現在の状況については、すでに記者会見発表前に福井県内外数社からオファーがあったことに加え、発表後にもさらに県内外企業数社から支援の申し出があったことを明かした上で「前向きな話し合いを続けている。お声かけ頂いた皆さんが何をできるのかを組み合わせた上で、10月末までには一定の方向性を示せると思う」と前向きに福井ミラクルエレファンツ来季存続へ動いている状況を説明した。

 最後にルートインBCリーグ、独立リーグファンのみならず日本中の野球ファンから支援の声が上がっていることについては「ご心配をおかけしていますが、前向きな方向性を出そうと思っているので吉報を待っていてほしいし、引き続きSNSで多くの声を寄せてほしい」と話した村山氏。2008年リーグ2年目から加入した福井ミラクルエレファンツは、13年目のシーズンを単なる存続の枠を超えた新たな枠組みで迎えるべく、再生の準備に入っていく。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00010005-hbnippon-base

 独立リーグの存在意義がどうのというコメントがやたら多いが、そうではなく、これは福井の問題と考えるべきだろう。

 なぜなら福井クラスの街がやるべきは、地域の熱とかポテンシャルをアピールする事であって、対象が何リーグか何のスポーツかは関係ない。それができないと「この地でプロスポーツは根付きにくい」という評価が、断片的ではあるがなされてしまうからだ。

 むしろ独立リーグレベルのチームを応援するために、常に県民市民がスタジアムを埋めるならば、中央のメディアもこの地域に注目するだろう。

 だからなくしてはいけない。チームはなくなったら後始末をしてそれで終わりだが、地域にはネガティブなイメージが部分的だがつきまとう事になる。

 そんな中で数社からオファーがあるというのは幸いだと思う。福井の経済が結構強い事が垣間見える。

 できれば支援ではなく、オーナーとして経営に関わって欲しい。球団名に社名を入れても全然OK。社会的な信用にもつながる。そういう企業がもっと現れるには、もっとリーグに活気がなくてはならず、それを創出できるのは結局地域住民しかいない。

 球団側の問題を言うなら、例えば夕方に帰りのバスが出てしまうような野球場でシャトルバスも出さずにナイターをやるとか、投げやりな印象を受ける。「観客は皆車で来る」という想定なのだろうが、行きたい場所に車なしで行けた方が良いのは都会も地方も同じだろう。車社会はおのずと限界が来る。

 昔の福井市営球場は福井駅から近い便利な場所にあったが、例によって硬式不可になり消滅。地域の人々で賑わうべきスタジアムはことごとく陸の孤島に追いやられる。

 本当は企業にばかりすがるのではなく、地域の都市計画ともリンクしていなければいけない話。だからこそ「福井の問題」だと思うのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント