ヤクルト戸田球場20年ぶり水没、球団社長ぼう然…

ヤクルトの2軍本拠地である埼玉・戸田球場が13日、水没した。台風19号に伴う猛烈な雨で、隣接する荒川が増水した影響を受けた。秋季練習を行っているチームは、選手寮内の室内練習場で調整した。

電光掲示板に掲げられていた時計の針は、4時34分頃で止まっていた。被害状況確認で足を運んだ衣笠剛球団社長兼オーナー代行(70)は「ぼうぜんですね」と自然の脅威に言葉を失った。水面から見えていたのは、バックスクリーンと電光掲示板、防球ネットの上部のみ。水位は4メートルを超えた。電光掲示板のシステムや、高性能計測器「トラックマン」の機械も水の中。打撃マシンや選手が使用する用具も水没し、被害は甚大だ。水が引くまで、約1週間程度はかかる見込み。さらにゴミや死んだ魚が残るため、クリーニング作業も必要となる。衣笠球団社長は「なるべく早期復旧できるようにしたい。1カ月くらいで、グラウンドだけでも使えるようになれば。数年に1度は、このような事態が起こることを想定しておかないといけない」と見据えた。

戸田球場の水没は、99年8月に豪雨の影響を受けて以来20年ぶり4度目。その際はシーズン中で、イースタン・リーグの会場を変更するなど対応に終われた。当時、現役だった高津臣吾監督(50)は「(水没した球場を)写真で見たのを覚えている」と振り返った。今後、秋季練習は室内練習場など場所の変更が必須で「早く復旧して、練習ができるようになれば」と話した。


https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910130000837.html

 土手というものはそもそも街を水害から守るためにある。その土手の内側にあるグラウンドなのだからこうなる可能性は十分あった。

 荒川の河川敷は災害時緊急道路まで完全に水没したが、土手のおかげで都市は守られた。「土手の内側」はこういう時に犠牲になる役目がある。だから改修するにも、法的にも物理的にも限界があるのだが、そんなグラウンドに「電光掲示板」など設置して満足しているのだからまったくこの球団は…と思っていた矢先に…。

 あの球場の試合を有料化した時も苦笑ものだったが、バックネットの「金網」の支柱のせいで投手や打者が見えない席まで「指定席」として販売するに至っては言葉を失った。せめて「金網」を、可視性の高いネットに代えられないものかと思うがそういう発想はないらしい。

 一体あの球場、いやグラウンドをいつまで公式戦で使うつもりなのか。普段の練習や非公式戦はあそこでも良いから、自前の新球場は無理でも戸田市営球場とか赤塚公園とか(あくまで例えばの話)近隣の公営施設の改修に費用を負担するなどしてスワローズが本拠地として使えるようにというビジョンはないのだろうか。明治大学の方がよほど立派な設備を持っている。

 それでも今回の事がこの球団、いやオーナーのショボさが人口に膾炙するキッカケになれば、とは思う。虚しい願いかもしれないが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント