女子プロ野球、新規参入企業を正式に募集 太田幸司氏「夢を消したくない」

 日本女子プロ野球リーグは26日、都内で会見を行い、新規参入企業を正式に募集することを発表した。企業・地域・団体を問わず幅広く募集し、新球団の参入、現状の4球団の譲渡などの方法については協議する予定だ。

 2009年に発足した女子プロ野球リーグ。“女子硬式野球の普及と発展”を理念に掲げて誕生し、今季で10周年を迎えた。創設当初は約600人だった女子硬式野球競技人口が現在では約3000人以上、高校女子硬式野球部が全国5校から37校になるなど地道に成果を上げてきた。

 現在は京都フローラ、埼玉アストライア、愛知ディオーネに育成球団のレイアの4球団が加盟しており、現状は全球団の運営を株式会社わかさ生活が行っている。来季以降は、公益性、社会性を高め、次代に継続する球団・リーグ運営を実現するため、球団ごとに運営企業を正式に募集。新球団の参入、現状の4球団の譲渡などの方法については話し合いで協議する予定だ。また、企業・地域・団体などは問わず、期限は設けずに幅広く募集していく。

 日本女子プロ野球リーグの彦惣高広代表理事は「業態・業種は問わず、理念に共感してくれる企業さんがあれば、お話をさせていただきたい」と説明。近鉄などで活躍した太田幸司スーパーバイザーも「プロを目指している子供たちの夢を消したくない。我々の情熱をわかってもらいたい。色んなことを視野に入れてリーグを存続させたい。フルオープンです。まずは話し合いたい」と熱く語った。

 9月1日からは秋季リーグがスタート。全33試合が関東で開催される。太田スーパーバイザーは「ファンの皆さんに女子野球ってすごいなと思ってもらうのが、勝ち負けよりも大きな要素。我々も気合入っておりますので、期待していただきたい。どうぞよろしくお願いします」と来場を呼び掛けた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190826-00515015-fullcount-base

 なんかミクシィの出番な気がする。先日同社が「5か年計画でスワローズ買収」みたいな記事を週刊誌にすっぱ抜かれて(そんな重要な話が簡単に漏れるとも思えないので意図的にリークしたような気もするが)話題になったが、「女子プロ野球」を事業として成り立たせることができればそれは馬鹿にできない実績になると思う。

 現状の女子プロ野球の立ち位置はと言うと、いわゆる独立リーグの中では最も集客力がある。またその性格上、熱心なファンが育ちやすい(それだけに危ない奴もいるらしいが)。しかし認知度はまだ十分とは言えないように思う。

 だから企業にとって運営に参入したくなるほどの魅力を高めるには、女子野球の認知度を高めるための他の活動と並行してやっていかないといけないわけだけど、意外と近道はある。要はプロ野球と並んで人気のある「男子の高校野球」の熱を借りる。

 すでに色んな人が提案している事なので(桑田真澄も言ってた気がする)目新しさはないが、実現しないうちは誰が何度言っても良いだろう。

 現行の「甲子園」大会では、選手の疲労を考慮し、休養日も設けている。要はその休養日を利用して女子の大会の決勝を行う。「女の子だって甲子園」の具体的な実現方法だ。

 もちろん決勝だけで良い。なぜかと言うと、全国何千校の球児が甲子園を目指してその夢が叶わないのに、別段地方の厳しい予選を勝ち抜いて集まっているでもない女子の「全国大会」を女子というだけで簡単に甲子園でやれてしまっては男子球児が納得しないだろうからだ。

 それはともかく「明日はいよいよ甲子園の決勝」という、嵐の前の静けさの中で、正に甲子園で女子の決勝が行われれば、どこかの陸の孤島でやっているよりも、知らない国でひっそりとW杯をやっているよりも断然注目度が増す。スポーツニュースも取り上げるだろう。女子野球の認知度を高めるという意味では女子プロ野球の存在以上に大きな効果があると思う。

 しかしJWBLとは別物の、女子野球の統括団体は、いわゆるコマーシャリズムには否定的で一歩引いたスタンスを取っている。突き詰めると「組織がバラバラ」という、言い尽くされた日本野球古来の問題にぶちあたるわけだ。

 女子野球を育てるには、プロの看板の有無というよりは「人気のあるトップリーグ」の存在は不可欠で、それがないと競技は廃れる。しかし日本の競技団体というのは廃れるのに慣れているのか、廃れている方が居心地が良いのか、動かない。中国でさえ野球をプロ化して育てようと一生懸命なのに。

 平行してやらなければいけないというのは、正にこういう人達を動かす事であって、生半可な事ではないので当然太田幸司氏だけではできない。て言うか、太田氏を孤独にしてはいけない。

 野球のプロ化とかコマーシャリズムにもっとも理解のある人達とは何だろう。

 NPBだ。NPBこそが太田氏に力を貸してあげて欲しいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント