神奈川県民球団の本加盟決定について

 準加盟から1年未満で。素早い決定だった。

リリース発行企業:株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング

ルートインBCリーグでは、本日6月27日(木)に行われましたルートインBCリーグ代表者会議において、神奈川県民球団の本加盟を承認し、2020年のリーグ戦から参入することが決定しましたのでお知らせ致します。

本加盟球団

■神奈川県民球団

球団名:神奈川フューチャードリームス
代表者:藤本 伸也(株式会社神奈川県民球団 代表取締役)
所在地:〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢16番16号FDIビル
連絡先:0466-77-8301(担当:古屋) info@futuredreams.jp
公式サイト:http://futuredreams.jp/

ルートインBCリーグ 村山代表のコメント

本日、神奈川県民球団のルートインBCリーグへの本加盟を承認いたしました。13年前に4球団で始まった弊リーグに、12球団目が誕生します。神奈川県はプロアマ問わず日本の野球界を牽引していますが、独立リーグでも、ぜひ先頭に立って皆を牽引する球団であって欲しいと思います。神奈川県の皆様にも、一緒に盛り上げるべく応援、ご支援を頂きますようお願い致します。

※同じく準加盟球団である静岡県民球団からの加盟申請はありませんでした。
※2020年シーズンの運営体制(地区割り、他ルールなど)については、別途決まり次第、リリース致します。


https://kawasaki.keizai.biz/release/14833/

 去年神奈川が名乗りを上げた時、代表者があの「タックルベリー」の社長と聞いて、これはすんなりいくだろうと思ってはいたが、いった。しかし感慨というかワクワク感がない。何せ東京を素通りされたから。BCリーグのコミッショナーが「飛び地」を嫌っているという話を聞いた気がするが、どうなのだろう。飛び地と言ってもそれは行政区分の事で、物理的な距離は既存球団から見て大したことはないのだろうか。

 ワクワク感がないと言いつつ、このニュースにポジティブを感じるのは、タックルベリーのような知名度のある企業の経営者がBCリーグに関心を持ってくれるようになった事だ。

 やっている事は同じ野球なのに、実業団だと社会的な認知があり、独立リーグだとうさんくさい目で見られる(という面もある)。しかし有名企業の「名前」を取り込めれば世間の認識もまったく違ったものになる。機構、経営者、選手、スタッフ…。独立リーグというものを必死で運営してきた人たちの努力は、こういう形で地味に実っている。

 かたや静岡は代表からしてなんだかうさんくさく、中心となる経済人もいない。「地元の複数企業の共同出資」みたいな話はよくもてはやされるが、必要なのは責任のない「有志」ではなく、意欲と情熱と、責任を負う覚悟を持った一人の経営者であるという事がよくわかる。

 事務所が藤沢と聞いてチーム名はてっきり「湘南」を名乗るのかと思いきや「神奈川」という事らしいのだが、これはちょっと微妙な立ち位置かもしれない。

 なぜなら神奈川県は、「横浜」「川崎」「横須賀」「三浦」「湘南」「鎌倉」「丹沢」「相模」「小田原」「箱根・湯河原」といった個性の強いタレント揃いなだけに、その名前の元にひとつにまとまりにくい気がするからだ。

 なのでどの球場でホームゲームをやるにしても「横浜だからハマスタ」みたいにビシッとハマらないのだ。もっとも「神奈川」に強い愛着を持つ人もいるだろうから杞憂かもしれないが。

 ひとつ言えることは、ホームは固定できた方が良い。しかも狭い神奈川で「県内各地を回る」という必要性もあまり感じられない。

 上記「タレント」の中でもっとも個性というか主張が弱く、「神奈川」っぽいのはどれだろう。相模原だろうか(神奈川の名の由来についてはあまり重要ではないので触れない)。

 確かに比較的主張が弱く、人口もそこそこ多い。相模原球場も昔日ハムの二軍が本拠地にしていた実績がある。まあ、良いのではないか…でもそれだったら相模原名乗れよ、という話になり、やっぱり「神奈川」って難しい。

 個人的にもっとも使って欲しいのが「横浜スタジアム」だったりする。DeNAの頑張りで寂れたイメージは払拭できており、大規模リニューアルでスタジアム自体の魅力が増している。それに乗っかるのもひとつの手ではある。

 ダメなら保土ヶ谷球場?県内の野球ファンにはもっともなじみのある正に「神奈川県民球場」だが、県営だから難しいだろうか。あるいは新しい等々力球場は?東京に近すぎるか。だけど球団としては当然興味はあるだろう。

 ひとつ言えるのは、公共交通機関で行ける野球場を使うこと。神奈川が大都市圏の一端である事を忘れてはいけない。陸の孤島のような場所ではそれこそ「神奈川」の意味がない。

 それにしても「東京」が素通りされた肩透かし感は否めないが、これを機に東京でも独立リーグ球団を、という機運に繋がれば嬉しい。東京ヴェルディさん、軟式のチームを取り込むのも良いが、本当に軟式のままで良いのか?チームには硬式で活躍していた選手が多く、元ヤクルトの選手だっているのだろう。ボールパーク構想とやらも、軟式が前提で行政を動かせるのか。

 サッカーのサポーターも引き連れ、インディーズ野球界に殴り込みをかけてみないか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

横浜太郎
2019年10月31日 23:38
神奈川は決して狭くありません

この記事へのトラックバック