東京ドームが50億円リニューアル 巨人戦がさらに楽しくなる

 巨人の本拠地、東京ドーム(東京・文京区後楽)が1988年の開業以来初となるリニューアル工事を3年にわたって実施することが22日、発表された。運営する東京ドーム(旧後楽園スタヂアム)が、今年12月に創立80周年を迎えることを記念した事業で、総事業費は約50億円。

 おもな計画は6点。

 〈1〉付加価値の高い2種類のシートを新設

 〈2〉内野観客席を全席改良

 〈3〉アリーナ照明のLED化

 〈4〉最新の音響システムを導入

 〈5〉全てのトイレに温水洗浄機能付き便座を装備

 〈6〉東京ドーム建物外構部緑化等の周辺環境の整備

 ファンにとって気になるのが、〈1〉、〈2〉の観客席。シートはスタジアムでは日本初となるレザークロス(人工皮革)仕様のシートが、バックネット裏にダイヤモンドボックス席(160席)、チャンピオンシート(321席)として設置される(今年3月に更新)。また、内野席(1階約2万席)は背もたれと座面にパットを装着し、膝前スペースも拡張される。

 音響システムは、スタジアム常設は世界初となる最新ラインアレイスピーカーを22台設置し、ライブなど、プロ野球以外でも、ドームに行く楽しみが増えそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000054-sph-base

 おかしいな、巨人は新国立競技場をホームにする筈だったのに(笑)。「耐用年数」も、50億かけて改修したら更新されてしまう。ドーム自体の耐震改修は項目に入っていないのだろうか。

 それはともかくコメント欄を見ると「広くしてくれ」という意見が少し目立つのが印象に残る(物理的に無理だが)。日本の球場が箱庭などと揶揄されていた時代のコンプレックスがまだ残っているのだろうか。一応国際規格は満たしているのだからそれ以外の部分はその球場の個性という事で良いと個人的には思う。

 ヤフオクドームが東京ドームサイズに狭くされた事がファンの中でスタンダードになっていない事。つまり「ヤフオクが狭くなったのだから」という論調にならない、孫オーナーのやる事が必ずしも無条件に称賛されないのは意外に思う。ヤフオクに来るファンはそれで充分楽しそうに見えるけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

サンペイ
2016年12月16日 19:14
今のオーロラビジョンを横に広げて巨大広告部分を全面フルカラーハイビジョンにしようよ。ナゴヤドームはオーロラビジョンを巨大化するしヤフオクドームも表示形式を更新するしね。

この記事へのトラックバック