ヤクルト、“ポスト古田”をトレード 西武から山岸を獲得

 東京ヤクルトは18日、米野智人捕手と埼玉西武・山岸穣投手の交換トレードが合意に達したと発表した。東京ヤクルトは15日に東北楽天から渡辺恒樹投手を獲得しており、投手陣の再編に力を入れている。
 米野はプロ11年目の捕手で今季の1軍出場はなし。ファームでは5試合に出場して、4打数2安打、1本塁打の成績だった。2006年には116試合に出場し、“ポスト古田敦也”の最有力候補として期待されていたが、相川亮二の加入などで出場機会が減っていた。通算成績は247試合に出場して打率2割8厘、12本塁打、53打点。
 山岸はプロ6年目の右腕で今季の1軍登板はなし。ファームでは9試合に登板して2勝5敗0S・防御率5.75の成績を残していた。通算成績は71試合に登板して6勝4敗1S・防御率3.42。


http://baseball.yahoo.co.jp/npb/headlines/20100618-00000021-spnavi-base?d=0&team=&date=&pg=1&p=

 米野獲るか。

 やっぱり西武は基本イケメン路線なんだな。
 オーナーが変わってからなんか「普通のチーム」になってしまった感がモノ足りなかったが(水田放出でそう思った)、伝統が無意識に生きているのかもしれない。

 西武のイケメンによるオーダーを組んでみたが(無理やり外野にコンバートした選手もいるが)、そこそこ戦えそうで怖い。かっては四番にカブレラを置けた程で、戦えるどころか十分優勝も狙える程だった。

4 片岡
8 栗山
6 中島
7 上本
3 平尾
5 美沢
9 田沢
2 米野
1 ---- 涌井 岸 小野寺 平野 松永

 イケメンでスタメンどころか先発ローテまで組めてしまう。こんなプロ野球チームはそうない。良し悪しはともかく、色んなチームがあって良いんではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

西武・命
2017年03月05日 06:57
大石と東京ヤクルトの土肥の交換トレードする方がいいよ~。

この記事へのトラックバック